【子連れ壱岐】の冒険⑤ 吉見屋旅館!釣り編(熱量高め)

前回からの続きです(≧▽≦)

おし!!

食べるもの食べて、回るとこ回って、

予定時間通りの15時に、お宿についたどー!!!✨

 

ふふ、なぜ15時かって?

それは・・・

オンマが壱岐で釣りをしたいからだー!!!!いぇーい!!!(≧▽≦)♥

 

今回の旅のお宿、民宿吉見屋旅館さん。

             

peko隊の冒険ではだいたいゲストハウス使って自炊するんだけど、

(そのせいでpeko隊旅行は自炊なんだと思い込んでる節がある(笑))

やっぱ壱岐はねぇ、民宿のご飯が自炊より断然美味しそうだったから!!

 

こちらを選んだ理由は、

①料理、人柄など口コミがよかった。

②釣竿を貸してくれて、釣り場に歩いて行けて、

 釣れると料理もしてくれる!しかも無料で!!

③帰りの芦辺港に近い

でも最後の③は関係なかったかな。

壱岐はどこも近いから、車があるなら宿の場所はどこでも不便ないです。

 

到着と同時に吉見屋旅館のおじちゃんが、

『魚!!釣るんだろ!!竿あるから、二本で足りるかな?!』って(笑)

そしておじちゃんも朝釣ったんだと、

釣れたてのでっかい高級魚、石鯛を見せてくれました!!(*^^*)

『すげー!!!うらやましー!!!』

全員大興奮で魚をのぞき込んで叫ぶ(笑)

うーん、ほんとすげーうまそう・・・!!!(@‾q‾@)

 

お部屋は2階でこんな感じ、

おー!!ひろーい!!

お布団敷いてくれています♪

お部屋でギャーギャーしていると、

『魚釣るなら餌いるから、今買ってきてやるからー!!』

と、叫んでおじちゃん消える。

そしてほどなく餌と仕掛けとともに帰って来ました。

 

『魚釣るとこな、ここから歩いて右まっすぐなんだけど・・、

いいや、乗せてってやろ!!』

言う間にバケツやらタオルやら用意してくれて、

宿の車を玄関につけてくれた!!

神ですか?!!!(゚Д゚;)✨

 

おじちゃんの車に乗って、すぐそこの漁港にレッツゴー!!

そしてあっという間に到着(笑)

魚いるかな~?

オンマは知っていたのです、小島神社の干潮に合わせちゃったから、

釣り始める15時頃はまだ潮が引いてて釣れにくいことを・・・。

それでも聖地で釣りしたかったので、無理やりやり強行した。

 

『ありゃ~、潮が引いちょるが!!』

おじちゃんもちょっと残念そう。でも、

『とりあえず釣ってみれ!!なんも釣れんことはないけんな!!

ただ潮が引いてたらでかいのが入って来んのよ』とのこと。

そうか、でかいのが入らないんが残念だったのか。

糸島でボウズ(1匹も釣れない)を経験するpeko隊とは残念のレベルが違うぜ!!

 

それじゃあとにかく釣りますか!!

仕掛け付けて、

『おおっ?!なんか慣れとるな!!』とおじちゃんもびっくり(笑)

エサ入れて、

三女、今回釣る気なくてエサ溶かし係。

溶けたエサの汁が服について最高にくさくなる係・・・(T_T)

ジャンバー買ったばっかりなのに。

 

では仕掛けを海にひょーい♪

釣れたー!!!!!( ゚Д゚)♥♥♥

 

こんな潮引いてるのに魚いるの?!

おお!!釣れ釣れー!!大喜びで釣り始める大人二人と長女でしたが。

それを見ておじちゃんが、

『1匹かかってすぐ竿あげてどうするかぁ!!最低2匹は釣らんか!!』

とカツを入れてくれたので、気合で数釣り開始!!

おじちゃんは、『もうちょいしたらでかいのが入って来るぞー!!』

と、ずいぶん長い時間一緒に釣ってくれたけど、

なかなかでかアジさんが来ないので、

『じゃ、ご飯の用意と、風呂沸かしといてやるから!!

帰ったらすぐ入んな!!帰りは歩いて来いよ、道わかる?』

と、先に出発しました。

神様はお風呂まで沸かしててくれるんですか?!!( ;∀;)✨

 

しかし気づけば30分ちょいで足元アジだらけ!!

あっという間にバケツが

長女は飽きてアジに餌をあげる水族館ごっこを始めました。

オンマは、次いつ壱岐で釣れるかわからないから粘り釣り、

アッパは、ハンターの本能で大物を諦めきれずに粘り釣り、

下二人はもう向こうで遊んでます(笑)

でかアジは来ません。最高で18センチくらい。

 

オンマはこっそり持って来たのです・・・。

自分だけこれを!!

じゃじゃーん!!

ダイソーの『メバル&カサゴ用ワーム』!!

これを仕掛けの一番下の針につけて・・・と。

おりゃー!!!

見たかダイソーの底力をー!!!

いいサイズのカサゴちゃんです(*´з`)♪

でも料理できないから海にリリース。

 

この時長女から『ねぇ、このアジどうするん?』と質問が・・・

ギクっとするアッパとオンマ、

心の声で会話。

(デカアジだったら料理してくれたかもだけど・・これは多分・・・)

(おじちゃんが捨てるだろう・・アジゴだもん、50匹くらいいるもん)

笑ってごまかし、アッパが

『旅館のごはんが多いけ、多分捨てるよ、ガッハッハ!!!(≧▽≦)』

というと、大ショックで顔色が変わった。

peko隊いつも釣りに行くと、『命だから、釣った魚は絶対食べる!!』

と伝えて、実行してきたのに。

うぅ、ごめんよ~( ;∀;)

今回ジェットフォイルだったからクーラーボックスも持って来てなくて。

 

これ以後、釣れたアジは全部リリースしました。

結局一時間くらい釣って、宿に戻ります。

船酔いから始まり、一日中動きまくってるのに、

普通に道具持って歩くpeko隊、うむ!!たくましいぞ!!

 

宿に着くと、おじちゃんが言った通りお風呂を沸かして待っていてくれたので、

チビ達は張り切って飛び込みました。

ほんとは晩御飯前に湯ノ本温泉に行こうと思ってたんだけど、

あまりのおじちゃんの親切に言い出せず、

チビ達も行きたくないと言ったので宿でゆっくりしました♪

 

オンマもお風呂に行こうとした時、おじちゃんが、

『釣ったアジどうする?頭とって冷凍してやろうか?』って!!

神三度・・・!!!( ;∀;)✨

あまりの優しさに、『いや、大変だし、溶けないですかね?』と聞くと、

『大丈夫だろー!!』と返事が。

 

全員お風呂でくさいのも取れて、あとはお楽しみの晩御飯を待ちます♪

早くご飯食べたーい!!

さっぱりしてくつろぐ次女(笑)

続く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事